柿埜 百合子

ミーハーかつ冷静なエンジニアになりたい!

2020年卒業予定

在学中の学部

経済学

神奈川県在住 (富山県出身)

    TRUNK SCORE
    507
    • プロジェクト登録数:2
    • スキルタグ登録数:15
    • 経験社数:6
    • 無料講座参加数:16
    • 学び投稿数:28
    • 無料講座当日欠席回数:1
    スコアの上げ方
    TRUNK RESUME

    SKILL

    • python
    • java
    • データ分析
    • エンジニア
    • 機械学習
    • scikit-learn
    • 数理統計
    • 確率論
    • NPO運営
    • discord
    • PHP(勉強中)
    • Laravel
    • html勉強中
    • SQL(勉強中)
    • GitHub

    PROFILE

    興味のある職種

    WEBバックエンドエンジニア
    iOSエンジニア
    Androidエンジニア
    データサイエンティスト
    機械学習エンジニア
    事業開発
    WEBフロントエンドエンジニア
    データアナリスト

    私について

    ●性格や人物像

    厳しい家庭で長女として育ったため、責任感が強いです。
    それが強みにも弱みにもなることを、これまでの人生で学んできました。
    性格は良くも悪くも変わらない、それならばこの性格を使いこなせるようになりたいです。

    強み:任された仕事は100%はもちろん、期待を大きく上回る創意工夫をこらすことができます。
    弱み:なかなか人に頼ることができず、抱え込みがちです。


    ●勉強していること

    <@横浜国立大学 経済学部>
    ・ミクロ経済学
    ・ゲーム理論
    ・数理統計
    ・労働経済学

    <@独学>
    ・Java
    ・PHP
    ・Python
    ・データ分析
    ・機械学習
    ・SQL/MySQL

    <@TRUNK>
    ・データ分析
    ・機械学習
    ・生き方、キャリア観

    <@内定先>
    ・Java
    ・PHP/Laravel
    ・AWS
    ・salesforce

    これまでやってきたこと

    ●データサイエンティストブートキャンプ@TRUNK

    2018年11月~2019年1月
    TRUNKでデータ分析、機械学習のブートキャンプに参加しました。
    分類問題、回帰問題などに取り組みました。
    機械学習において一番大変なのがデータ前処理であるということをひしひしと感じました。

    ●長期インターン@宇宙ベンチャー

    2019年1月~3月 
    宇宙産業ベンチャーである由紀精密様で部品の見積もりシステム改善のインターンをしました。
    設計エンジニアの方々に要望や悩みをヒアリングし、仕様書を作成し、実際にコーディングを行い、納品しました。

    ●内定者長期インターン@エス・エム・エスキャリア

    2019年7月~

    これからやってみたいこと

    ●どういう仕事をしたいか

    ・なにか一つの事業なりプロジェクトなり、ひとつのものに最初から最後まで携わる働き方が理想です。
    ・自分の行動や努力が他者(他社、エンドユーザーなど)に良い影響を与え、そのFBや反応を得、仕事、ひいては生きるやりがいを感じることができる仕事をしたいと考えています。
    ・久しぶりに飲み交わした友人に誇れる仕事がしたいです。
    ・遠回りでもいいので地方活性化に貢献できる仕事がしたいです。


    事業会社で、IT/webエンジニア職として2020年春から働くことになりました。
    いくつになっても最新技術に胸を高鳴らせる、そんなエンジニアになりたいです。

    職歴

    • 株式会社エス・エム・エスキャリア

      2019.06 - 2020.04

      内定者インターン(5月末~)

      キャリア支援団体Encourage

      2019.04 - 2019.04

      納得のいくキャリア選択を支援するNPO・エンカレッジで、VC(面談の質向上を目指すセクション)に所属しています。

      TRUNK株式会社

      2018.09 - 2019.01

      データサイエンティストのブートキャンプに参加させていただいております。

      株式会社由紀精密

      2018.12 - 2018.12

      設計・製造の支援ソフトウェア開発

      まいばすけっと株式会社

      2016.10 - 2018.11

      一般的なスーパーの業務+経営戦略の立案

      ゾーホージャパン株式会社

      2018.11 - 2018.11

      1か月の中期インターンで、南インドカレー販売促進のための提案を行いました。ZOHO様が提供するサービスを使ったwebの改善案を提案し、最優秀賞に選ばれました。

    参加した無料講座

    学び投稿

    人からの学び
    0625日(火)

    ●STAGEの法則
    S:situation(状況)
    T:trouble(問題)
    A:action(行動)
    G:goal(結果)
    E:epilogue(しめくくり)
    ビジネスでのプレゼンでは「結論ファースト(つまり最初にGoal)」が良しとされることが多い。
    一方で、印象を残すための話し方の一つに、時系列で話すという方法がある(時系列ということは、結論は必然的に最後になる)。
    課題解決の経験のプレゼンに使われることがある。
    STAGEの各フェーズで事実と感情を話せばより効果的。
    リンモチの小笹芳央社長が提唱。

    いいね数:

    6

    人からの学び
    0624日(月)

    ●人が育つ究極の仕組みを考える2時間
    課題(の重大さ)= 理想 ー 現状 の値
    【明確な理想を描きにくい人(理想の値が低い人)】には、
    現状の危うさを認識してもらう(現状の値を大きくする)ことで、課題の大きさを知ってもらうことができる。
    課題の大きさを知ってもらう → 「危険(=課題)を回避しよう」という行動のインセンティブを持たせることができる。

    いいね数:

    4

    メディアからの学び
    0619日(水)

    ●スクラム開発
    アジャイル開発の手法のひとつ。アジャイル開発を行う企業の70%がスクラム開発を採用している。
    <11の構成要素>
    ○役割
    プロダクトオーナー、開発チーム、スクラムマスター
    ○物
    プロダクトバックログ、スプリントバックログ、リリース可能なインクリメント
    ○フェーズ
    スプリント、スプリントプランニング、デイリースクラム、スプリントレビュー、スプリントレトロプロスペクティブ
    ※カタカナだらけではじめはよく分からなかったが、図にしたら理解がすすんだ。

    いいね数:

    4

    メディアからの学び
    0618日(火)

    ●ウォーターフォール開発
    大きい「要件定義→設計→開発→テスト→リリース」を一回だけ。
    基本的に途中変更はなし。
    顧客との契約がベース。
    大規模な基幹システムの開発に向いている。

    ●アジャイル開発
    小さい「要件定義→設計→開発→テスト→リリース」を何回も繰り返す。
    コミュニケーションを促進し、変化に対応することができる。
    顧客とのコミュニケーションがベース。
    小規模システム開発向きであるが、大規模システム開発での利用もすすんできた。
    2001年「アジャイルソフトウェア開発宣言」

    いいね数:

    2

    成功からの学び
    0612日(水)

    プログラミング勉強方法はいろいろある。
    よく「参考書は必要になったとき必要な部分だけ読むもの」と聞くが、私の場合は
    【input】参考書(全部読む)/TRUNKのトレーニング/勉強会/Progate,Udemy等のサービス
    【中間】参考書についてる演習問題
    【output】?
    が合うなぁといろいろ体験してみて思った。アウトプットのうまいやり方を早く見つけたい。

    いいね数:

    4

    本からの学び
    0606日(木)

    【相手に自分の主張を理解してもらう】(左脳)
    ●結論 
    「タピオカミルクティーは美味しい」
    ●根拠(3個)
    「味が美味しい」「インスタ映えによる満足感」「友達と思い出共有」
    ●具体例(根拠1個に対し2個)

    【実際に相手に動いてもらう】(右脳)
    ●イメージを沸かせる話し方。
    ●さらにそのイメージの中に、相手自身を置いてもらうような話し方。
    例:「想像してみてください。行列が前に進んでゆき、タピオカが自身の手に届いた瞬間を!」

    いいね数:

    4

    メディアからの学び
    0605日(水)

    desktop.ini
    フォルダの見た目を変更したら勝手に作成される隠しファイル。
    フォルダのカスタマイズ情報が入っているので、邪魔でも削除してはいけないらしい。

    いいね数:

    4

    本からの学び
    0604日(火)

    二項分布の確率変数は、ポアソン分布の確率変数に収束する。
    (=二項確率のポアソン近似)
    ポアソン分布は、「試行回数が大きく、発生確率が小さい二項分布」とみなせる。
    例:センター試験のリスニングの機械が壊れる(0) or 壊れない(1)。受験者数は多い(試行回数は多い)が、壊れるのは相当運が悪い人(発生確率が小さい)。

    いいね数:

    4

    人からの学び
    0530日(木)

    学び投稿が全て見られるようになった。
    ユーザーのニーズに対応できるエンジニアに私もなりたい。
    特に昨今、顧客のニーズは曖昧で、多様なものとなっていると聞く。
    ニーズに対応できることはもちろん、ニーズを自分から捉えにいけるエンジニアになりたい。
    (対応ありがとうございました。)

    いいね数:

    7

    メディアからの学び
    0528日(火)

    ●DISC理論
    人によって異なる「動機」「欲求」を分類する、行動心理学における理論。
    D Dominance 主導傾向 我が強い/挑戦を好む
    I Influence 感化傾向 感受性が強い/友好的関係を好む
    S Steadiness 安定傾向 不動/安定した環境を好む
    C Conscientiousness 慎重傾向 完全主義/理論的アプローチを好む

    いいね数:

    5