3431

    【学生起業家向け】バックキャスティング思考で「国際協力」を考えよう

    このトレーニングのゴール

    バックキャスティングとは、未来の理想像を想定し、そこを起点に現在を振り返って今何をすべきかを考える方法です。
    本トレーニングを通して、バックキャスティング型思考のエッセンスを体感していただきながら、開発途上国における社会課題を解決ビジネスアイデアの種を創出します。バックキャスティング型の思考法で長期的な視点で目標設定を行うことによって、場当たり的な解決策でお茶を濁すのではなく、本質的な解決策を模索することができるようになります。人口減少、高齢化、グローバル化と大きな変化が急速に進む時代においては、自分自身の思考の枠を取り払って未来を思考することが求められます。バックキャストで物事を考えることは、これからの時代において必須の能力であると考えています。ぜひ、ご参加ください。

    また、すべてのビジネスアイデアは弊社主催の「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」に提出いただくことも可能です。優勝者には、大企業とのネットワークや弊社の事業化支援、最大300万円の賞金と事業化調査費が提供されます。

    なぜこのトレーニングをするべきか

    開発途上国と聞けば、いまだに「危険」「汚い」「貧しい」など、ステレオタイプな見方が蔓延しています。
    そういったイメージから発想される社会課題解決のアイデアは、特定の少数を対象としたモデルなどのソーシャル寄りのスケールしないビジネスモデルになりがちです。
    学生団体では、身銭を切って、途上国支援を行う学生も多いと聞きます。

    今回はバックキャスト型のワークショップを通して、より大きく、より広く、社会にインパクトを与えるモデルを創出します。
    「国際協力はボランティアでしか関わることができない」や「国際協力団体は学校建設や井戸掘りをするものだ」という既存の枠組みを壊し、新しい方法で社会課題を解決する人材を輩出していきたいと考えています。

    概要

    日程

    9/22 17:30-20:00
    
※ 詳細スケジュールは下にあります。

    学生起業家向けトレーニング詳細プログラム

    スケジュール
    開発途上国における社会課題の現状と限界(15min)
    ビジネスアイデア創出ワークショップ(120min)
    発表(15min)
    懇親会

    開発途上国を中心として100ヵ国以上でODA事業を行ってきたアイ・シー・ネット株式会社ならではの最新の開発途上国の情報をインプットします。
    100年後の理想の世界像を想定した上で、現実とのギャップを認識し、そのギャップを埋めるためのアイデアをチームで創出します。
    すべてのアイデアに対してフィードバックを行い、今後どのような形でビジネス化できるかを検討します。

    国際協力に興味がある学生はぜひご参加ください!

    主催企業

    Trunk logo

    TRUNK株式会社

    生まれた環境に関係なくやる気次第で誰でも活躍できる世界をつくる。

    参加予定者
    3人  / 5人中

    募集期間:0922日(金)13:59 まで

    このトレーニングは現在参加を受け付けておりません。
    主催企業
    TRUNK株式会社
    開催日時
    0922日(金) 17:30 - 20:00
    開催場所
    TRUNKオフィス
    住所
    東京都渋谷区神南1-9-4 NCビル3F B号
    身につくスキル
    参加条件
    なし
    定員
    5人
    協賛企業
    なし