322

    [フロントエンドエンジニアを目指している人向け]PugとGulpで爆速コーディングしよう!

    このトレーニングのゴール

    PugとGulpの基礎知識を理解する。 それらを使ってTRUNKのページをマークアップしてみる。

    なぜこのトレーニングをするべきか

    実際の現場ではHTMLなどを効率良くマークアップする事が求められています。
    現場でも使われているpugやGulpを学び、より実践的な技術を学びます。
    新しいフロントエンドの技術を学ぶ。

    概要

    Pugとは

    HTMLを書くためのテンプレートエンジンです。
    cssにおけるscssの様な役割。HTMLを省略して書けたり、要素ごとにファイルを分割できたりします。

    Gulpとは

    pugやscssで記述したものは、そのままではwebでは使えません。
    使用するためには、HTML/CSSに変換しないといけません。
    それらを自動で変換したり監視してくれたりするのがGulpです。

    当日の流れ

    スケジュール
    1 pug/gulpとは
    2 gulpをインストールして実際に書いてみる
    4 pugをインストールして実際に書いてみる
    5 pug/gulp課題
    6 TRNUKのサイトをpug/gulpで書いてみる

    準備しておいてほしいこと

    Nodejsのインストール
    https://nodejs.org/en/

    トレーナー

    • Sengoku2x

      仙石築 (デジタルハリウッド大学)

      webのフロント側を学んでいます。現在TRUNKのプロダクトチームでインターンをしています。

    主催企業

    Trunk logo

    TRUNK株式会社

    生まれた環境に関係なくやる気次第で誰でも活躍できる世界をつくる

    参加予定者
    5人  / 8人中

    募集期間:0817日(木)23:59 まで

    このトレーニングは現在参加を受け付けておりません。
    主催企業
    TRUNK株式会社
    開催日時
    0818日(金) 19:00 - 21:00
    開催場所
    TRUNK
    住所
    東京都渋谷区神南1丁目9−4 NCビル3階
    参加条件
    html/cssの基礎がわかっている人向け
    定員
    8人
    協賛企業
    なし